So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「東北花火大会」の件 [山形・米沢の件]

スポンサーリンク



今年もまた「東北花火大会」の日程が近づいてまいりました。
以前の記事
「東北花火大会」?? 仙台かどっか?? えっ!! 米沢??!!
ヨネザワって?

ってなわけで,毎年7月30日には東北花火大会が開催される。山形県は米沢市の松川(最上川)の河川敷で。

この河川敷は春の「上杉まつり」では,武田軍と上杉軍が戦う場所でもある(もちろん,お祭りの模擬戦で)。

山形県のシンボルでもある最上川で行われるだけあって,山形市の「山形大花火大会」とは“格”が違う。

ざっと比較してみると,打ち上げ数は「山形大・・」1万5000~2万発に対して「東北・・」3000発。人出 40万人に対して13万人。開催日 お盆休み に対して 毎年7月30日。

完敗に乾杯。



でも,歴史は古く,今年「山形大・・」は37回 に対して 「東北・・」は 78回!。2尺玉も上がる。

派手さに関してはダブルスコア,いや5倍以上負けているが,歴史は倍ある。しかも世の中の風潮に迎合しない硬派。まさに伊達,上杉の心意気を受け継いでいるようである。

また,なんといってもこじんまりとした花火大会で,客席も無料である。ちなみに,「山形大・・」は入場料でも540円,スペシャル席:4名2万1600円という値段設定もあるらしい。

「東北・・」の方は小さい頃は家の茶の間からも見ることが出来た。現在は流石に少しは高い建物(2,3階)もあるので,やはり河川敷近くに出かけることになる。

堤防間の距離にして300m弱の河川敷の中程から打ち上げるのであるが,堤防の土手が観客席なのですごく近い。音や煙の匂い,まるごと楽しめる。



で,今年であるが,今年の7月30日は土曜日。少しは県外からの観光客も期待できるのではないかと期待している地元の人もいるのでは?

花火情報のレビューや口コミには,つまらない,玉数が少ない,テンポが悪い,煙い,名前負けしている と厳しい意見が多いが,実際そう感じることは確かだと思う。日にち固定で,平日にでも開催されるということは,別に観光客に見てもらうのが目的でもないのだから。

あくまでも硬派なのである。通好み?とも言える。

他に山形県内の花火といえば,最近は庄内地方の,「酒田花火ショー」や「赤川花火大会」が近年名を上げているが,いずれも土日で有料だったりする。混雑覚悟でどうぞ。

我が家も,土曜日出発で久々にのんびりと見に行こうか?





スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。